新着情報

2018-08-24

屋根の防水寿命は外壁よりも3~4年短い!?

屋根の防水は外壁より先に切れる

雨や雪、風、照りつける太陽、酷暑や厳しい寒さなどに立ちはだかり、室内環境を暮らしに適した穏やかなものにしてくれる屋根と外壁は、常に厳しい環境の下に置かれています。

特に屋根は外壁と異なり、24時間365日、一時の休みもなく全面に太陽の光を浴び、また夜の冷気に晒されています。真夏の日中の表面温度は、70℃に達することもあります。

もちろん耐候性の高い材料が選ばれ、さらに塗装によって保護され耐久性・防水性を備えていますが、経年による劣化は避けられません。特に紫外線は大敵です。

その土地が置かれた条件や、使われている材料にもよりますが、外壁は7年から10年、さらに現在主流となっているスレート屋根については、外壁より3~4年早く劣化がはじまると考えられています。屋根こそ住まいの耐久性を維持するためには最も重要といえます。

 

スレート屋根のヒビ・ズレ、棟金物の緩みやサビは放置すると雨漏りの原因に

スレート屋根は、主原料にセメントを使い、それに繊維材料を混ぜて、約5mmの厚さに加工したものです。材料自体が高い防水性能を持つわけではなく、塗料によって防水機能を高めています。そのため、塗装による防水が切れると雨水がすぐに流れ落ちずに表面に滞留し、少しずつ内部にしみこんでいきます。

屋根材に使われた塗料は、強い紫外線を浴び続けることにより劣化が早く進んでしまいます。塗装による防水は、当初の塗装ではほぼ7年で切れ始めると考えられます。また、屋根の一番上の棟などに使われている金物は釘で止められていますので、この釘も経年によって浮き上がり、止め付けが不十分になっていきます。

化粧スレートに雨がしみこむようになると、中の水分が温度差により膨張・収縮を繰り返し、スレート表面にひび割れを生じさせます。また冬季などで気温が低下すると吸い込んだ水分が凍結し膨張することでひび割れや爆裂などがおきます。このようにして隙間が生じてくると雨水が浸入しやすくなり、放置すれば、雨漏りを引き起こす原因になってしまうのです。

 

築後78年経過していたら、外装劣化診断を早めに行いましょう

外壁は、汚れやシーリングの硬化、色あせ、ヒビなどが直接目につき、すぐに発見することができます。しかし、自宅の屋根の状態を日常生活の中で細かくチェックすることは不可能です。築後7、8年以上を経過し、すでに外壁に色あせや細いヒビのようなものが見えているのであれば、屋根はそれ以上に劣化していると考えなければなりません。

住まいの寿命は伸びており、30年以上住み続けるのは当たり前になっています。その間で1~2回の屋根・外壁の塗装は必ず行うことになりますから、早めにプロによる外装劣化診断を受けることをおすすめします。

効果のあるメンテナンス、費用に関しましてプロの調査を早めに受けるようにしてください。

防水のことなら兵庫県の株式会社朱堂にお任せ下さい。


会社名:株式会社朱堂

住所:兵庫県尼崎市南武庫之荘10-13-1

TEL:06-6480-5457 
FAX:06-6480-9199

営業時間:9:00~19:00 定休日:日曜・祝日(お問い合わせ可能です)

対応エリア:尼崎市内を中心に、関西全域で対応いたします。(お気軽にご相談ください)

業務内容:各種シーリング工事・外壁補修工事・防水工事・内装工・その他建築工事