個人様向け

漏水にお困りの方

個人のお客様向けの防水工事

バルコニー

直接雨水を受ける場所なので完璧な防水対策が必要です。

ベランダ(屋上)は、洗濯物を干したり、ガーデニングや家庭菜園などその家によって使い方は様々です。安易な防水処理では下の居室に影響しますので万全な対策が必要です。 「最近、水はけが悪くなったかな?」と感じたら、迷わず点検をしてください。早期発見で被害を最少限に抑えましょう。

内装

内装・天井・壁などにシミなどはありませんか?

室内にカビやシミがある場合は外からの水が老衰している可能性が高いです。
大事な家具を守流田mにも、お早めの点検をオススメします。

水回り

カビの匂いはしませんか?

配管が壊れて水が漏れていると、床下に湿気がたまりカビなどが生えている可能性があります。
他にも、洗面台、キッチン周り、洗濯パンの外周にはコーキングが入っています。
時間が経つと切れたりして、伱間から水が漏れている可能性があります。
放っておくと溜まった水により家の木が腐ってしまい大きな修理をしないといけなくなります。
お早めにご相談ください。

防水方法一覧

あなたに合った防水工事を!

ウレタン防水

現状

施工状況

完成

液状のウレタン樹脂の塗布 を重ねて、防水膜を作る

シート防水

現状

施工状況

完成

ゴム、塩化ビニールなど、 防水性のあるシートを重ね ていく

FRP防水

現状

施工状況

完成

ガラス繊維にポリエステル 樹脂を含浸させた複合材料 で防水層をつくる

防水工事のタイミング

garally

排水不良

そもそも水を貯めるようには作られてはいません。水が溜まってしまうと様々な部分に悪影響を及ぼします。放置し続けると、建物内に漏れ出し、雨漏りや各部の腐食・劣化につながりかねません。

表面のうき五段打ち

シートを用いた防水で見られる病状です。一見、浮きや波打ちがなくても、踏むと変形する場合はトップコートやその下の防水シートが弱ってきています。

ひび割れ

ほぼ全ての防水方法で見られる病状です。雨水の浸入の他、紫外線なども直接あたることになるので、防水層の劣化を加速させます。

植物の繁殖

アスファルトやコンクリートを割って芽を出す草花を見れば分かるように、植物の根や茎は非常に強いものです。アスファルトやコンクリートを破壊し、成長します。表面や外壁、防水層だけでなく、躯体そのものを損壊させてしまう可能性もあります。

表面の荒れ

防水層を覆っているトップコートや表面の機能が低下してきた証拠です。完全に保護機能を失ってしまうと、防水層が直接、風雨や紫外線に晒されるため、劣化が早まります。

表面の傷

歩行や風雨による磨耗、強風による飛来物などが原因で表面が傷ついてしまうことがあります。また、重い植木鉢を引きずったり、落下させたりした場合にも同様のことが起こりえます。表面だけでなく、その下の防水層にも傷がついている可能性もあります。傷の深さによって、対処法が異なります。